家族と家族を結ぶ大切な時間

01

家族と家族を結ぶ大切な時間

結婚のはじまりは、ここにある。
両親と両親が挨拶をかわし、これから家族となる私たちは何度もお辞儀をして、
緊張しながらも美味しいお料理をいただく。
会話に困るシーンとした空気・・・。運ばれてきたお料理の盛り付けに思わず「わ~!」と顔を見合わせる私と母。
「これ美味しいわね~」「お酒ともよく合う味付けだね」会話が弾みだしたきっかけは、お料理の美味しさだった。
「顔合わせの場所、ここにしてよかったね。」

家族と家族を結ぶ大切な時間

02

希望と期待があふれる
結婚式までの時間

結婚式場の見学はドキドキする。
何を着ていったらいいの? どんな人が対応してくれるのかな?
不安と期待とが入り交ざり少し緊張してホテルのウェディングサロンへ向かう。
はじめてホテルに行ったあの日、なんだか幸せな気分で帰ってきたのを覚えている。
結婚式の打ち合わせも、いつも楽しみだった。
小さいころの思い出、家族のこと、友人との忘れられないできごと、私たちが歩んできた
それぞれの人生をたくさん話して、ふたりのテーマを見つけた。
お世話になった人たちと、家族におもてなしをしたい。私たちの結婚式の大切なテーマ。

希望と期待があふれる結婚式までの時間

03

笑顔の私、涙ぐむ母、
つられて涙する私

衣裳を試着する日。
どうしても一緒に行きたいという母を連れドレスショップへ向かう。
ウェディングドレスを選ぶ時間は、結婚式準備の中で一番幸せで、
一番楽しかった時間。
憧れのデザインのドレス、スタイリストさんがすすめてくれたドレス、
そして母が着てほしいというドレス。
迷って決められないのに、幸せ・・・。
そんな瞬間が何度もおとずれる。
打掛に袖を通し、羽織った私の姿を見た母の目に、涙があふれた。
そんな母を見て、私も涙がこみ上げてきて、ちょっとだけ寂しくなった。

笑顔の私、涙ぐむ母、つられて涙する私

04

父の腕から伝わる想い、
はじめて見た父の涙

結婚を決めてから、口数が少なくなった父。
父と腕を組むのは、子どものころ以来、これからもないかもしれない。
恥ずかしかったけれど、絶対にこれだけはしたかった。
父と歩くバージンロードの一歩一歩は、
これまで私が歩んできた人生のひとこま、ひとこま。
生まれた瞬間から今日までの思い出が、この数歩でよみがえる。
ふと隣の父を見ると、目にうっすらと涙が浮かんでいた。

父の腕から伝わる想い、はじめて見た父の涙

05

人と人とがつながる瞬間

結婚式に参列してくれたすべての人が私たちの結婚の証人。
私たちにとって本当に大切な人だからこの場所にいる。
私たちをこれから見守ってくれる大切な人。
指輪を交換する手が震えているのは私だけではなかった。
ずっと一緒に生きていくと決めた人。
彼と手が触れた瞬間、心がすごく落ち着いた。
緊張した手と手に光る誓いの指輪がこの瞬間をずっと思い出させてくれるはず。

人と人とがつながる瞬間

06

おもてなしの最高峰

おもてなしの最高峰

美味しいお料理と楽しい会話。
結婚式のワンシーンはいつも笑顔であふれている。
お誕生日にお母さんが大好きなものを作ってくれたように、
いちごが飾られたケーキを準備してくれたように、おめでとうの気持ちはお料理で表す。
そして、ありがとうの気持ちもお料理で表す。
自分のために集まってくれたゲストに『おもてなし』することは、お母さんが教えてくれたんだと気付いた。
だから私たちの結婚式のテーマは『おもてなし』。
盛り付けも、美味しさも、サービスも最高峰のお料理が私たちの選んだおもてなし。

07

想いを伝えるって大切なこと

私が伝えたい想いは両親へのありがとう。彼へのありがとう。
これまでずっと私を支えてくれた人たちすべてに、「ありがとう」を伝えたい。
もし結婚式という日がなかったら、こんなにありがとうの気持ちを伝えられただろうか?
いつもだったら、恥ずかしくて言えない気持ちを伝えられるのが結婚式。
寂しい気持ちと嬉しい気持ちが交差する、複雑な1日だけど
やっぱり結婚式をして良かった。
彼との絆を深められた、彼の家族と近づけた、自分の両親へ想いを伝えられた
何よりみんなが喜んでくれた。

想いを伝えるって大切なこと

08

これからの約束

いつもそばにいられるわけじゃない。ケンカもするかもしれない。
でも、ずっと一緒にいると決めたから、約束をいくつか交わす。
・ひとりで決めない、ふたりで決める
・誕生日にはケーキでお祝い、結婚記念日はディナーでお祝い
・ケンカをしたら、次の日には仲直りをする
結婚式の準備は、結婚生活のシュミレーションだったのかもしれない。
楽しい打ち合わせも、ケンカも、ぜんぶ想い出。これからが結婚のはじまり・・・

これからの約束

09

景色が変わった瞬間

いままでも幸せだったけど、幸せの色が変わった瞬間。
生まれてきてくれてありがとう。
今まで見えていた景色が、うそのように、明るく透明な色に変わった日。
父と母が、私が生まれた瞬間に何を思ったのかを考えた。
きっと今の私と同じことを、思ったんだろう。
父と母からもらった、
たくさんの言葉、たくさんの笑顔、
たくさんの幸せを
思い出した。

景色が変わった瞬間

10

スタートの場所へ戻れる喜び

私たちの家族が始まった場所。
いつでもここには戻ってこられる。
結婚記念日。
ケンカをして仲直りをした日。
なんでもない日曜日。
結婚式の日のこと、結婚式準備のこと、大切な人の前で誓った私たちの“誓い”。
スタートの場所に戻ることで、今の幸せを改めて実感する。
一緒にいてくれてありがとう。心の中でつぶやく・・・

スタートの場所へ戻れる喜び

11

家族の大切な日はいつもここで

お宮参り、お喰い初め、七五三、入学式、お誕生日。
家族の大切な日はいつもここでお祝いする。
お父さんとお母さんになった私たちと、おじいちゃんとおばあちゃんになった両親と。
『パパとママがけっこんしたところ』
『わたしのけっこんしき、たのしみにしててね♪』
ホテルグランビュー高崎は家族を結ぶ大切な場所。
結婚のスタートの場所。
家族のスタートの場所。

家族の大切な日はいつもここで

CONTACT ― お問い合わせ ―

来館予約・お電話でのお問い合わせ

027-322-1111

TOP